賃貸物件

賃貸物件お探し隊

原発事故が不動産に与えた影響は、甚大なものがあります。
東日本大震災は、不動産市場にも大きな影響があり、それは次第に広がりつつあります。
東日本大震災の原発問題は今でも取り沙汰されていて、中々終息へと向かっていません。
原発は、住む人の環境を大きく左右します。
原発事故の影響は、世界各国にまで及んでいて、ドイツやフランスでも、原発に対する不信感を募らせています。
原発事故による不動産への影響で大きいのは、放射能による土壌汚染です。
チェルノブイリの原発事故の時は、事故現場から1,000キロ離れた場所でも放射能汚染が確認されているので、そのことが日本でも不安視されています。
30キロ圏内の居住者には避難指示が出ていて、いまだにいつ帰れるかわからない状況です。
土壌汚染がいつになったら改善されるのかの見通しがわからないので、不動産市場は衰退しています。
人が安心して住むことができなければ、家は建ちません。
そうした場所には人が集まってこないので、やがて産業は衰退し、地価への影響も大きくなります。
何とかして原発問題を終息へと導かないと、不動産市場は枯渇の一途をたどることになります。
売れない土地

続きを読む≫ 2016/07/17 10:42:17

なんか最近、日本のことを絶賛する番組が多いような気がします。

 

自画自賛してるところがイタイなと思うし、外人さんに「ニホンハスバラシイ!」とか言わせてるのもなんかねえ、って思います。

 

そりゃあ、カメラの前で日本人の前で、日本の悪口いう人もなかなかいないんじゃないですかね。

 

住みやすいのは確かかなとは思うんですが、程々にしてもらいたいですよね。

続きを読む≫ 2015/10/05 12:11:05

ホーム RSS購読 サイトマップ